犬の歯石取り

  • URLをコピーしました!
目次

溜まった歯石

気づけば溜まってると嫌だなーってものありますよね?

貯金ならいいのですが、歯の健康を蝕んでしまう厄介なものがあります。

歯石です。

人間もちゃんと歯磨きをしていても、磨きにくい届かない場所に蓄積してしまいます。

犬も普段使っている歯にはあまり付着していませんが、歯肉際と奥の歯によく溜まります。

ゆずもその一人(犬)

ゆずは嫌がらず口を空けてくれます。

口を開けさせてくれないゆず

嘘です。

怒りはしないけど、口を開けず無言の抵抗をします。

絶対に口を開けたくないゆず

最後の抵抗です笑

かわいいです^^

口を開けたくないゆず、なんとか口を開けさせていただきまして、お口の中を確認します。

歯石が歯肉側に溜まっています

溜まってますね〜

犬の歯石取りに大活躍「スケーラー」

「スケーラー」という歯石取りの金具があります。

レビューを見る限り、犬の歯石取りとして購入されている人が多いですね。

両端共、刃先が尖っているので取り扱い注意です。

歯科医院専売品のデンタルフィット
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
取れた歯石

歯肉に気をつけながらカリカリと削っていきます。

簡単に取れます。

まあーなんとか取れました。

奥の箇所は歯石というより、着色汚れで取れませんでした。

何を食べたら着色するのやら、、

ゆずはほとんど人間と食べるものが一緒ですが、着色物は食べてないと思うんですがね〜

歯石をためない

過去に、ゆずの歯肉が真っ赤に腫れていたことがありました。

それが歯石が原因であることが調べて判明しました。

わかってからは、

  1. 歯石があるかの確認。あれば歯石を取る。
  2. 食後の歯磨きをする。

なるべく食後に犬が嫌がらない程度に(おやつなどで釣って笑)

人間用の歯ブラシで構いませんので、歯を磨きます。ゆずは360度毛がついている歯ブラシで磨いています。犬にはやわらかめよりもふつうがオススメです。

歯磨き粉も必要ありません。

歯磨き中に犬が歯ブラシを噛みちぎらないように注意しながら磨いてください。ゆずは歯ブラシを噛みます笑。

犬の歯磨きは素直に口を開けさせてくれて、口の中に手を入れても噛まない子に限ります。

気をつけて挑戦してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コミュ障で臆病な飼い主。犬の水洗トイレを設計して自宅に設置。犬と暮らしやすいシンプルな家を模索しています。趣味はキャンプ、ツーリングなんだけど大の虫嫌い。手先は器用らしい。

コメント

コメントする

目次